読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

母の日。

 こんばんわ。hanakoです。

 Dappe Rocks'から2日が経ちました。
 まだ、音楽が聴こえてくるようです。
 
 ブログ たくさんの方に見ていただいたようです。ありがとうございました。
 なにぶんにも不馴れなもので、もう少し気の利いた写真やら文章やらが載せられたらもっとイベントの様子がわかって頂けたのになぁ。とブログを見て頂いた方に申し訳なく思っています。とりあえず、素敵なイベントでした。それだけお伝えしたいです。

 
 今日も忙しかった。
 相変わらずご年配のお客様が多く、対応に大わらわ。重い荷物は車までお持ちします。
 一緒に車まで行くとおばあさんが「ちょっと待って」と言うので待っていると車の中からおまんじゅうを。「1個しかないから、ここで食べちゃいなさい」と私の手に乗せてくれました。小さい頃、おばあちゃんに同じことをしてもらった事があったなぁ。自分だけ特別な気がしてうれしかった。ごちそうさまでした。
 
 
 今、仕事を終えて家に帰って来ました。
さすがに今日は少しゆっくりしようと思います。布団の上でゴロゴロしながらブログを書いています。横にはマサくんがいます。最近留守番ばかりだったので淋しかったかな?傍から離れません。
 窓を少し開けてあるので、気持ちの良い風が部屋に入ります。明日は雨の予報です。また、くせっ毛が大変な事になるなぁ。

 今日あたりからそろそろカーネーションや8日配達のお花の予約が入りはじめました。8日は母の日です。

 私の母は昨年の夏に亡くなりました。
 私は最後まで母と仲良くできなかった。性格も違ったし、何よりも私は、母の生き方が嫌いでした。
 小学生の頃、おこづかいを貯めて、母の日にヘアブラシをプレゼントした事がありました。
 プラスチックの数百円位のブラシ。確か、スーパーで買ってきて自分でラッピングしました。私は母の日にプレゼントが出来た事が嬉しくて、ちょっと誇らしい気持ちでした。
 ラッピングを開けてブラシを見た母の口から出た言葉は「値段が付いてるよ。500円て。」
 私の誇らしい気持ちはぺしゃんこになりました。照れもあったのかもしれませんが私の母はそんなひとでした。
 それ以来、多分私は母にプレゼントをした事がありません。
 何かと私の事に口を出し、自分の思い通りにしようとする母に反発し、私の人生は歪んで行きました。

 母が亡くなった時、私は、自分の人生を初めて自分の手にしたような気がしました。
 全部自分で決めて全部自分の為に生きる。
 自分の人生なのだから、当たり前の事なのにそれが出来ていなかった。
 
 そして今。

 いろいろな事があったけれど、私は、自分の人生を自分らしく生きています。

 私が母を好きになるには、もう少し時間が必要かもしれません。
                     
 だけど。


 今年は母に、カーネーションくらいあげようかな?
 母の日だから。