読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

がんばれユウちゃん!。

 こんばんわ。hanakoです。

 今日は曇り。しかも蒸し暑い日。

 マサくんがくっついて寝ているのでさらに暑い。寝返りをうって離れると、またくっついてくる。そんな事を繰り返してグズグズと寝ていると、畑のおばあちゃんの声。

 「キュウリの葉っぱがまるまっちゃったよ!」あまりの声の大きさに飛び起きた。
 パジャマのまま畑へ直行。
 
 キュウリの先についている葉っぱが内側にまるまっている。???病気でもなさそうだし、虫もついていないみたいだし。なんだろう?

 見ると畑一面に肥料がまいてある。
 これだ。肥料が強すぎたんだ。肥料も適量越えたりあげるタイミングを間違えると逆効果になる時がある。
 「めんどくさいねー」
 おばあちゃん、ここ 大事です。😅

 朝からドタバタしながら花屋さんへ。
 今日も朝からお客様がいっぱい。
 そろそろ家庭菜園の失敗組がリベンジに。😅
おばあちゃんのように肥料のあげすぎや、強風で折れてしまったり、病気が入ってしまったり、理由はそれぞれ。
 皆さん、必死に解決策を尋ねるので、私と同僚も必死に答えを探します。土の具合、天候、温度、肥料の具合、原因はいろいろあるので、なかなか奥が深い。毎年勉強になります。

 お昼近くにガラス工房のシンくんから電話。
「hanakoさん、ユウちゃんと連絡取れますか?」  ユウちゃんなら庁舎にいるでしょ?
 「あっ、知らなかったんだ。ユウちゃん、先月で辞めたんですよ。」😓😓😓知らなかった。

 シンくんの話では、ユウちゃんとシンくんがいた商品開発課は、街起こしの一環で、地元の様々な事業主に参加をお願いして体験型のバスツアーを全国区に売り出す企画をモニタリングするため、2年間という期限で作られた課だったらしい。その終了期日が今年の3月末。
 私がユウちゃんと知り合ったのは最後の6ツアー目だった。花屋さんへ寄せ植え体験を企画してくれないかと打診に来たユウちゃんと2月に寄せ植え会をやった。その後、商品開発セミナーがあり、花屋さんの社長に参加の依頼があったのだが、社長はツアーに協力はしないという意向だったので、私が個人で仕事をしている事を知っていたユウちゃんが私を誘ってくれた。以来、名産品の開発や、ツアー企画のセミナーに顔を出させてもらっていました。
 ユウちゃんとシンくんは、2年間という期限つきで市の職員に採用されました。それが3月末までだったので、4月からは商品開発課は観光課になり、美大でガラス作りをしていたシンくんは、正式にコミュニティーセンターのガラス工房に採用になったのだそうです。
 ところでユウちゃんは?

 夜、ユウちゃんにメール。

 なんで辞めちゃったの?
 「希望した観光課には残れなくて。幼稚園の給食室管理ならって言われたんですけど、私、給食嫌いだったんですよね。食べられるものがほとんどなかったから。今でも思い出すと気持ち悪くなっちゃうんです。だから、辞めました。」
 😅😅😅そこ、違うと思うよ。😅😅😅

  聞くと、まだ仕事は決まっていないらしい。
 しかも、ユウちゃんは家を持っていた。女ひとりですごいなぁ。それに子どももいる。
 しかし、早く仕事を探さないと、貯金が底をついてしまうと嘆いていた。
 「ハローワークに皆勤賞です。」
 😅😅😓なんか、違うような。😅😅😅


 「明日、面接に行ってきます。」

 がんばれ!ユウちゃん!