読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

大丈夫。

こんばんわ。hanakoです。

 

 今日は晴天☀

 気持ちのいいお天気でした。

 

 祝日も手伝って花屋さんには沢山のお客様が

 冬のお花を買いに。

 忙しい1日でした。

 

 仕事を終えていつものスーパーへ。

 レジに並んでいると、誰かが私の手をつかんだ。

 ビックリして振り返ると、おばあちゃんが

 「よかった。花屋さん、お金の払い方がわからないのよ、助けて。」と。

 ??? 花屋さんのお客様らしい。

 実は私はひとの顔を覚えるのが苦手です😅

  挨拶されて誰なのかわからず困ることが多々あるのです。

 今回もわからない😅😅😅

   ま いっか。

 

 最近、レジのシステムが変わって、品物をレジで通して代金は精算機で払う形になった。

 そんなに難しくはないけれど、確かにお年寄りはちょっとやりづらいかもしれない。

 お金が払える普通のレジもあるのだけれど、

多分普通のレジだと思って精算機のレジに並んでしまったのだろう。

 

 係りのひとが近づいてきて機械の使い方を説明しようとしてくれたのに

 「いいの、花屋さんにやってもらうから」

 いや、そちらの方が的確かと😅😅😅

 

 無事にお金を払い終わって、帰ろうとすると

 「お茶飲んでいかない?」と誘われた。

 フードコートでコーヒーをご馳走になる事に。

 

 おばあちゃんはスーパーの近くのアパートに独りで住んでいるそうです。

 

 詳しい事は聞かなかったけれど、身寄りはないみたい。

 独りで不安はないのかなぁ。

 

 そんな私の心を読んだか、おばあちゃんは言いました

 「大丈夫。助けて欲しいときは素直に頼めばいいのよ。それでいいの。みんな親切よ。」

 「出来ない事は出来ないって助けてもらえばいいの。」

 

 実は私はそれが出来ない。

 おばあちゃんみたいに素直になれたらどんなにいいだろう。

 

 おばあちゃんにお礼を言ってフードコートを出た。

 帰り際ニコニコしながら

 「大丈夫よ、大丈夫。」

 おばあちゃんが私に言った。

 

 私が時折感じる不安。

 まるで打ち消すかのような「大丈夫。」

 

 

 不思議なひとだったな。

 

 心が ちょっと晴れた。