読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

逆転。

こんばんわ。hanakoです。

 

 悩まされた風も止んで。

 今日はなんとなく春めいた感じ。

 春なんだなぁ🌷🌷🌷

 

 

 仕事の帰り

 いつものスーパーへ。

 

 

 「hanakoちゃん。」

 ニコニコと誰かが手を振っている。

 だれだろう?

 

    あっ!!! 天敵!

 

 聡美ちゃんだ😰😰😰

 嫌な思い出がよみがえった。

 

 

     聡美ちゃんは中学校の同級生。

 スタイルが良くて可愛くて人気者。

 クラスの女の子のリーダー的な存在だった。

 

 学生時代

 女の子の世界は複雑だ。

 親友と呼べる友人がいなかったりクラスに上手く溶け込めていないと致命的な扱いを受ける事がある。

    そして、リーダー格の子に気に入られないと、とんでもないことになる場合があった。

 

 私はそれを経験した。

 

 

 家庭が複雑で歪んだ性格。

 人間嫌い 友人0

 休み時間は本ばかり読んでいる私は聡美ちゃんに目をつけられた。

 唯一ウマがあった音楽の先生にバイオリンを教えてもらっていたのも目立ったのだろう。

 先生に媚を売っていると。

 

 「あの子、なんか嫌だよね。」

 聡美ちゃんのその一言で

 たちまち私はクラスで仲間外れにされた。

 

 キャンプのグループ編成に入れてもらえない

 クラスの女の子達がまったく話しかけてこない。

 

 この辺はもともと変わり者の私なので、どうでもよかったのだが、クラスの連絡がまわってこなくて忘れ物が増えたのには閉口した。

 連絡が来ないと教科担当の先生に言うと

 「自分の忘れ物を私達のせいにされて、うそばかりつかれる。」と逆に先生に抗議されて、私が怒られた。

 

 休み時間もこっちを見てコソコソと何かを話している。あまりいい気はしないな。

 

 1度担任に相談した事があった。

 

 返ってきた言葉は

 「あなたが協力的じゃないから、学級委員の聡美さんが困っているとクラスの子達が言っているわよ。それで仲良くしてもらえないんじゃないの?そういう所、直さなくちゃ」と言われた。

 あかん。ダメだと諦めた。

 

 

 そんな環境が卒業まで続いた。

 卒業の頃にはさすがに私も精神的に参っていた。

 聡美ちゃんを恨んだ。

 

 

 幸いな事に進学した高校が違ったので私はその後聡美ちゃんと会うことはなかった。

 高校時代も相変わらずの変わり者だったけれど

それなりに変わり者同志と無難に毎日を過ごした。

 でも、時々聡美ちゃんの事を思い出しては嫌な思いをしていた。

 

 

 今日、随分久しぶりに聡美ちゃんと会った。

 

    あら?😅😅😅

 

 聡美ちゃん、随分変わったね。 

 すっかり太って、髪の毛は白髪混じり。

 

 実際の年齢よりかなり老けてみえる。

 芸能界に入りたいなんて言っていたのに。

 

 「hanakoちゃん、変わってないわね。

 私なんてすっかり太っちゃって髪の毛なんて20代後半から白髪になってきちゃったのよ。」

 

 そうですね

 随分お変わりになられたようで😅😅😅

 

 

 

 中学生の時

 私は聡美ちゃんが下した私の評価が私の価値だと思って傷ついた。

 それがすべてのように思った。

 自分は価値がない、恥ずかしい存在だ

 卒業の頃にはそんな思いも持っていた。

 眩しいばかりの聡美ちゃん。

 彼女のこれからの人生は薔薇色なんだろうな。

 ため息が出た。

 

 

 今日、聡美ちゃんと会って

 それは間違いだと気がついた。

 彼女の口から出てきた言葉は後ろ向きな言葉ばかりだった。

 

  相変わらず歪んだ所はあるけれど

 あれから私は変わった。

 自分の価値は他人に決められるものではない

 そう思えるようになった。

 

 

 そして今日気がついた。

 人生は逆転する事がある。

 今がすべてじゃない。

 

 今の自分がすべてじゃない。

 

 

 もし今、私のように悩んでいるひとがいたら

 聞いて下さい。

 

 

   変われるんだよ。

 今をすべてだと思わないで。

 

 自分を信じて

 自分を守るんだ。

 

 

 逆転してやれ!

 中身も外見もしっかり磨いて。

 

 

 私はやっと

 中学時代の呪縛から解放された気がする。

 

 

 ずいぶん長い時間がかかったな。

 でも 私は自由になったんだ。

 

 

 

 「たまにはお茶でも飲まない?」

 聡美ちゃんが言ってきた。

 

 

 そうだね 

 今なら出来る気がするよ。

 

 

 これからは仲良くしよう。

 楽しい話しをたくさんしようね。