読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

反抗期。

こんばんわ。hanakoです。

 

 今日は午後から強風。

 何もかもが飛んで行く(|| ゜Д゜)

 

 私のくせっ毛もベートーベンのよう。

 いい加減 美容室に行こうよ😅

 

 

 お昼は看護師の友人とお弁当ランチ。

 今日はもう一人、友人の友人がいた。

 

 彼女は専業主婦。

 長男が反抗期らしい。

 最近、外泊をするので心配だと。

 

 聞くと、かなり重いかーさんだ。

 部活が終わる時間になると電話を入れて

 帰りがいつもより遅いとメールを入れて。

 休みの日には一緒に買い物に連れて行く。

 

 私じゃ 息が詰まっちゃう😅😅😅

 

   「私の育て方が悪かったんでしょうか?

 一生懸命育てた私はなんだったのか。」

 

 そりゃ 彼のおかーさんでしょ?

 そういう話しじゃないか😅

 

「前みたいな素直な子に戻ってほしい。」

 冷やしうどんに 涙がポロリ。

 

 なんでも親の言うことを聞く子が素直ないい子なの?

     その言葉に火がついた。

 

 彼の人生の主役を取っちゃだめだよ。

 だから 彼は家にいたくなくて外泊するんじゃないのかな?

 私が言ってしまった。

 

 お母さん あんぐり。

 

 お母さんが彼の人生の主役を演じようとしてるよ。

 彼には彼の生き方がある。

 彼が巣立とうとしているのを邪魔しちゃダメだよ。

 

 「私はあの子の親なんですよ。」

 かなりご立腹。

 

 親だから、なんでも子供を自由にできるわけではないと思う。

 親なのは確かだけど

 なんだか違う気がするよ。

 

 「hanakoさんにはわからないんですよ!」

 

 怒られてしまった😅😅😅

 

 

     もっと違うつきあい方が出来れば

 息子さんと仲良く出来ると思うんだけれどな。

 

 

 きっと 外泊もやめると思うよ。

 まぁ たまにはしたっていいと思うけど。

 

 にらまれてしまった😅😅😅

 

 

   私の母親を見ているみたいだから。

   ついつい 言ってしまった。

 なんとなく息子さんの気持ちがわかる。

 

 本当はお母さんにわかってほしいんだよね。

 いつまでも赤ちゃんじゃないよ

 大人になって行くんだよって。

 そろそろ 手を離してほしいって。

 

 

  私の母親はとうとうわからなかった。

 おかげさまで私は未だに反抗期です😅

 

  わかりあえたらいいなぁ。

 

 

 「もう少し段階踏んで話しなさいよ。

  まぁ 言ってることはわかるけれどね。」

 

 呆れ顔の友人。

 

 

 すまん

 反抗期なもので😰😰😰