読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

NO。

こんばんわ。hanakoです。

 

 昨日からの雨も止んで

 午後からはお天気になりました。

 

 今日はお休み。

 無理矢理エンジンを止めた感じ。

 部屋でひとり グズグズ。

 

 最近、どうも変だ。

 体が疲れているだけではない気がする。

 手足を捕まれているような感じ。

 焦りと不安。

 

 そこへ、大阪のおばさんが。

 「休みなん?買い物に行こうや。あんたもなんか好きなもん買うたらいいわ。」

 パッと聞いたら良い話。

 でも違う。

 私を足に使いたいんだ。

  いつもの事だ。

 

 これだ。

 

 NOと言えない私がいた。

 

 小さい頃から大人の顔色を見る子だった。

 何をすれば大人が喜ぶか。

 祖母と母親の板挟みになっていた私はそこら辺を良く心得ていた。

 

 NOとは言わない。

 だから 私は良い子だった。

 

 大人になってもNOと言えなかった。

 頼りになるひと。

 いい人。

 そう言われてもうれしくなかった。

 私は自分を八方美人と非難し続けた。

 

 そこだ。

 

 自分で仕事を始めて思い知った。

 全部をYESとは言えない。

 NOを言えなければ、仕事に責任が持てなくなる。

 

 何が一番優先か。

 それを考えて行かないと仕事がまわらなくなる。

 つまらない事を抱え込む事にもなる。

 だから、疲れているんだ。

 

 思い出した。

 

 自分の思うようにならないと泣き落とす母親。

 それが嫌で私はNOが言えなかった。

 いまだにダメなのだ

 NOと言った空気に耐えられない。

 

 その結果どうなったの?

 私は自分を壊した。

 

 まだ、壊し続けるの?

 やっと、自分らしく生きようと決めたのに。

 

 ここ最近、私は無理をした。

 NOを言えないために。

 

 

 もういい加減やめようよ。

 嫌われても死なないよ。

 あなたは大人なんだから。

 力の無い子供じゃないんだよ。

 

 それよりも

 自分に嫌われるような事はするな。

 

 

 「今日は行きません。ごめんなさい。」

 大阪のおばさんにそう言った。

 

 

 何かがふっと切れた。