hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

再会。

こんばんわ。hanakoです。

 

 台風3号が去った朝。

 ぬけるような青空がまぶしい。

 

 相変わらずの仕事と

 相変わらずの猫との生活。

 

 それは、しあわせな事なんだよ。

 と 空を見上げる。

 

 なにか、刺激があってもいいかも😅😅😅

 

 間もなく、お望みの刺激が。

 

 お昼に飛び込みの注文がやってきた。

 今日に限って花が無い😅😅😅

 

 文句は言いませんが、もう少し早く😰😰😰

 すでに文句か。┐( ̄ヘ ̄)┌

 

 汗をかきかき寄せ植えを作っていると

 後からクラクションが。

 また クラクションが。だれ?💢💢💢

 

 振り向くと満面の笑みで誰かが手を振っている。

 

 あっ! ミエさん!!!

 

 15年くらい前、友人の紹介で

 ミエさんの子供たちにピアノを教えた。

 

 姉御肌で社交的なミエさんと

 ピアノのレッスンだけではなく私は親しくしてもらった。

 

 

 ご主人の事業が失敗して、すべてを手放さなくてはならなくなった時、レッスンは終わりになり、ミエさん達は街を去った。

 

 債権者の事もあるからと、新しい住所は教えてもらえなかった。

 

 

 あれから15年。

 まさか、家の前でミエさんと再会するとは。

 

 

   お互い年取ったわねぇ。

   でも、hanakoさん、変わらない。

 

 ミエさんだって。

 相変わらずきれいで明るくて。

 ミエさんは、嬉しそうに笑った。

 

 日陰に入っていろいろな話をした。

 

 新しい街に移ってから間もなく

 ミエさんは離婚した。

 1番下の子は生まれたばかりだった。

 

 ひとりで3人の子供を育て

 10年前、同じ職場だった今のご主人と再婚した。

 今はしあわせに暮らしているそうだ。

 

 ミエさんは、ここから1時間くらいの街に住んでいた。

 

 置き薬の配達の仕事をしていて

 私の住む家の近くに何件かお客様がいて

 半年に1回は、この辺をまわっていたそうだ。

 今日、偶然に私の姿を見つけてビックリして

 クラクションを鳴らしてしまったらしい。

 

 まさか、こんな所で会えるなんて。

 

 話は途切れる事なく

 次から次へと溢れた。

 

 hanakoさん、苦労したね。

 ミエさんが目を赤くしていた。

 

 とんでもない

 ミエさんの苦労と私は比べられません。

 

 

 ふたりで、笑った。

 

 

 ミエさんも私も、仕事の途中だったので

 名残惜しかったけれど、また会うことを約束して別れた。

 

 

 夜

 ミエさんから1回目のLINEがきた。

 

  

 今日はありがとうございました。

 hanakoさんがほめてくれたから

 私は今までの自分の人生を自信をもって

 良かったと思う事にしました。

 ありがとう。

 

 

 ミエさん

 あなたは、えらいよ。

 あなたを友人と呼べる事、誇りに思います。

 幸せな人生を歩んでください。

 こちらこそ、ありがとうございました。

 

 

 また

 会いましょう。

 

広告を非表示にする