hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

不安の反対。

こんばんわ。hanakoです。

 

 雪が降った。

 

 相変わらずコロナウィルスは猛威を振るい

 志村けんさんが亡くなった。

 

 トイレットペーパーはスーパーの棚に

 並び始めたけれど

 マスクは相変わらず入荷無し。

 

  今日は6件並んだけど買えなかった。

 

 疲れた顔をした常連さんが

 ドラッグストアの帰り道に寄って行った。

 

 パスタが品薄で

 レトルトのカレーがお一人様1つ。

 

 なんだか変だよ。

 世の中が歪んで見える。

 

 

 そんな中

 生産ハウスに病気が出た。

 野菜の苗に感染するウィルスだ。

 

 今朝仕事に行くと

 廃棄トラックの荷台が山になっている。

 

 ??? なんだあれ?

 

 近づいてみると

 これから売り出す野菜の苗が捨ててある。

 

 あぁ 😨😨😨😨😨

 

 実は3年位前からおかしな枯れ方をする苗が目立った。

 何かの病気が入ったんだ。

 

 生産ハウスの人間はみんな気が付いていた。

 だけど 誰も社長に報告しない。

 なぜなら

 メチャクチャ怒るから。

 

 虫が付いた

 病気が始まった。

 そんな事を報告すると機嫌が悪くなり

 

  農薬代だってタダじゃない。

  市場の単価はパートの給料より安いんだ。

 

 

 と言うような嫌な皮肉を言い出すので

 誰も気が付いていても報告しなくなった。

 

 いや私達が報告しなくても

 社長も気が付いているはずだ。

 40年近くもこの仕事をやっているんだもの。

 

 しかしその年はみんなの不安をよそに

 社長はそのままやり過ごしてしまった。

 

 そのまま毎年同じような状態が続き

 とうとう恐れていた事が今年起きた。

 

 野菜の苗が広範囲に次々枯れだしたのだ。

 

 顔の知れていない団塊シスターズの片割れが

 数日前 匿名で農協に苗を持ち込んだ。

 

  これ ハウスの中にウィルスがいるんです

  それが悪さをしてる。

  ハウスを薬剤洗浄しないとハウスの中の

  苗が全部やられてしまいますよ。

 

 そう言われたそうだ。

 

 やっぱりなぁ。

 みんなが予想していた通りだった。

 

 シクラメンが終わってハウスが空になった時 

 なぜ消毒をやらないのか。

 毎年みんなはヤキモキしていたのだ。

 

 とうとう今年は病気が広がってしまった。

 

 しかもコロナウィルスの騒ぎのこんな年に

 いや そんなものだ。

 弱り目に祟り目とはこういうものだ。

 

 廃棄トラックに野菜苗を捨てる

 重苦しい空気。

 隣の店にいる私にも伝わってくる。

 

 少し興奮気味の社長の声が聞こえる。

 

  隣のハウスの中の物も捨てましょう。

 

 そこは私が薔薇を入れているハウス。

 売れ残った物を一度そこに入れて

 育て直すハウスでもある。

 いろいろ歴代の物が入っている

 40年分の物置にもなっている。

 

  こんなのがあると病気が広がるんです。

 

 なんだよ

 隣のハウスに八つ当たりしているのかよ。

 問題はそこじゃない。

 本当にわかっていないの?

 

 今度は店に来て

 地面に根付いてしまった

 大きな月下美人を切るように私に言った。

 

  こういうのを伸ばしっ放しにしていると

  いろいろ伝染るんです。

 

 違うってば。

 何年も消毒もしないで色々な物を作ったから

 ハウスの中が汚れているんだよ。

 それは社長が指示しないと誰もやらない。

 八つ当たりしても問題の解決にはならない。

 

 

 

 隣のハウスに戻った社長が言った。

 

  ハウスの消毒なんてやったら

  お金がかかってしょうがない。

  もう 花屋なんて辞めろって言ってるんでしょうね。

 

 あーあ 言っちゃった。

 

 その声はお店にいるお客様にも聞こえていた。

 なんて馬鹿なんだ。

 せっかく来てくれているお客様に失礼だろ。

 それが社長の言う言葉か。

 

 

 ここであえてなぜ社長の事を書いたのか。

 

 よく

 ピンチの時にそのひとの人柄がわかるという。

 まさにこれ。

 

 確かに事業主は大変だろう。

 押しつぶされそうな不安もわかる。

 

 ただ

 それは誰も同じだよ。

 

 さも自分だけが被害者みたいに

 なんでも人のせいにするのは間違いだ。

 

 しかも冷静に見てごらん。

 客足は減ってはいない。

 

 それどころか

 ここ数日は新しいお客様が来ている。

 

 なぜなのかまだわからないけれど

 友人に聞いた

 近所のひとがここで買ったから

 そんな事を話してくれるお客様が何人もいた。

 

 客単価は高くはない。

 だけど確実に客層が若くなっている。

 

  何処へも行けないから

  子供達とお花を植えます。

 

 そんな若い親子も来てくれた。

 

 なんとかなる。

 私はそう確信している。

 

 それなのに。

 パニクって周りが見えなくて

 闇雲に当たり散らしている社長。

 

 ものすごく見苦しい。

 そんなふうに見えるんですよ。

 私も気をつけなくちゃ。

 

 

 そもそも今に始まった事じゃない。

 自分の怠惰が結果になっただけの事だ。

 

 世間のせいにするなよ。

 

 

 今は 確かに世の中は不安だらけだ。

 

 だけど

 落ち着いて周りを見てごらん。

 

 不安の反対も沢山落ちている。

 私は 今日も平和だ。

 何も今までと変わらない。

 

 不安に呑み込まれるな。  

 

 1番目の前の

 やるべき事をしっかりとやってゆく。

 それが 今 私の出来る事だ。

 

 

 居眠りしているキーさんの頭を

 お店に来た子供達が撫でている。

 

 何も変わらない。

 

 不安の反対。

 

 平和?

 平安?

 

 幸せ?

 

 

チビチビ帰る。

こんばんわ。hanakoです。

 

 昨日の深夜

 チビチビが帰ってきました。

 

 月曜日の夜から姿が見えなくなり

 昨日の夜まで4日間

 どこで何をしていたのやら。

 

 何か怖い思いをしたのか

 怯えた感じで

 かなりの興奮状態で帰ってきました。

 

 遠くに遊びに行き過ぎて道に迷ったか?

 ご飯をメチャクチャ食べて

 昨日は爆睡。

 

 今日は私の側を離れません。

 

 
f:id:hanakosaan:20200328224123j:image

 

 珍しく外へも行かず

 ずっと私にくっついて寝ています。

 帰って来られてよかったね。 

 

 

 

 チビチビが居なくなって考えた。

 

 やっぱり外へ出すのは危険なのかなぁ。

 

 ほとんど家の敷地内にいる

 おじさんマサくんとモチくんなので

 一緒に居るとしか思わず

 まさか居なくなるとは気が行かなかった。

 

 帰って来ない心配は

 私にとっても良くない。

 

 うーん どうしたらいいかなぁ。

 

 賃貸の狭い家

 猫達3匹には狭すぎる。

 

 しかも外を知っている3匹。

 家の中だけに慣らすのはかなり大変。

 

 家の構造上

 室内飼いはかなり難しい。

 

 

 3匹も飼うからだ。

 確かにそれはある。

 

 ただ 

 言い訳になってしまうけれど

 私が飼いたかった訳ではない。

 

 猫がやって来るのだ。

 

 
f:id:hanakosaan:20200329022748j:image

 これがはじめて写真に収まったチビチビ。

 昨年の9月の下旬。

 

 少し前駐車場から子猫が逃げて行った。

 

 そんな事が数回続いた。

 ??? どこの子猫だろう?

 

 

 ある日お昼休みに家に帰ると

 テーブルの下にチビチビがいた。

 

 私の姿を見ると

 マサくん達の出入り口から逃げて行った。

 

 ガリガリの子猫。

 家に入ってゆくマサくん達の真似をして

 家に入り

 マサくん達のご飯を盗み食いしていたのだ。

 

 最初は私が居ない時に来ていたけれど

 そのうちに夜も顔を出した。

 

 私を見ると逃げて

 また入ってきてまた逃げて。

 それを繰り返した。

 

 2週間位して

 やっと逃げなくなった。

 空腹には勝てず

 私が居てもご飯を食べる様になった。

 

 捕まえられるようになったのは

 それから1週間位して。

 だいぶ太った姿がさっきの写真。

 

 ガリガリのノミだらけ。

 典型的な野良さんだ。

 どこから来たのだろう?

 

 落ち着いてもう少し太ったら

 里親さんを探すつもりだったけれど

 チビチビは人間で言う兎唇だった。

 そんなにひどい兎唇ではないけれど

 どこの譲渡会にも沢山の猫がいる中で

 奇形と言う条件でチビチビが選ばれるのは

 難しいだろう。

 

 私は里親を諦めた。

 

 モチくんもそうだったけれど

 ポツンと1匹だけ家の前に現れた。

 

 親にはぐれた。

 そして人間が捨てていった可能性もある。

 

 数日家の周りをフラフラして

 ガリガリで鳴きながら居場所を探している。

 モチくんは酷い風邪を引いていた。

 

 モチくんもチビチビも

 迷惑そうな顔をして近所の他の家で

 追い払われていた。

 

 必死に鳴きながら追いかける彼らを

 ほうきで叩いた。

 

 知らんプリをすればいい。

 死んでしまえばそれはその仔の運命だ。

 

 たかが猫じゃない。

 

 そうなんだけどさ。

 でも

 その仔の命は1回なんだ。

 

 

 何匹か猫達を看取った。

 

 やっぱり最後は苦しむんだよ。

 人間と同じだ。

 

 生まれて数カ月で苦しい思いをして

 死んでゆく。

 私はそれを見てみぬふりはできなかった。

 

 何もしなければ

 命はそこで終わってしまう。

 世の中にはこんなに食べ物があって

 暖かい家もあるのに

 産まれて数カ月

 食うや食わずの生活をして

 雨に濡れて命を落す。

 

 何のために産まれてきたの?

 

 動物だから仕方がない?

 

 

 

 そんな事をしていたら

 いくらでも猫は増えてゆく。

 

 そうなんだよ

 そこが困ったところ。

 

 どうしたらいいのか。

 正直答えが見つからないんだ。

 

 殺処分0。

 各地域で騒いでいるけれど

 

 これは思っているよりかなり大変な事。

 

 沢山のお金と労力がかかる。

 それを誰が負担するのか。

 

 個人の保護団体は何処もパンク寸前。

 

 だって1匹十数年の命が関係しているのだから。

 時間がかかるのだ。

 

 命を落とさなかった。 

 それだけじゃないんだ。

 しあわせに生きられなくちゃ。

 

 難しいなぁ。 

 

クサクサ。

こんばんわ。hanakoです。

 

 なんだかクサクサする休み明け。

 

 ネギ苗争奪戦。

 噛み合わない野菜苗の話。

 何度言えばわかるんだよ

 今は露地には植えられないって。

 

  駄目ならまた買えばいい。

  安いもんじゃない。

 

 そうかよ

 だったら上手く行かなかったって

 絶対文句言うなよ。

 

 

 社長の愛想笑い。

 この間の欠品は私のせいではありません。

 やっと気がついたな。

 原因だと気がついていない

 団塊シスターズの下品な笑い。

 

 何もかもが嫌になる。

 

 

 いや きっと

 本当の所はここじゃない。

 

 クサクサの原因はここじゃない。

 

 

 仕事を終えて

 明日の仕事の生花を仕入れて

 家に帰った。

 

 猫達が待っていた。

 お前達は頭がいいよ。

 私の機嫌の悪さをちゃんと察知している。

 

 何も言わず 付かず離れず。

 その距離感には感心する。

 

 自分に火花が降りかからない距離。

 だけど 遠くはない距離。

 

 

 小さくまとまるなよ。

 殻を打ち破れ。

 

 おまえはおまえだ。

 何をいい子ぶっているんだよ。

 

 不満を溜める位なら爆発してしまえ。

 

 
f:id:hanakosaan:20200325202145j:image

 

 今日は好きにさせて頂きます。

 

 爆音のNUMBER GIRL

 チョコレート。

 

 ちょっと濃いめのハイボール

 

 呆れ顔の猫達。

 文句があるなら今日は噛み付くぞ。

 

 

 やっぱり向井秀徳は奇才だ。

 

散々な休日。

こんばんわ。hanakoです。

 

 今月2日目の休日。

 黒いも黒い 真っ黒だ😧😧😧

 

 忙しいのは良い事だけど

 ちょっとやり過ぎじゃないか?

 しかも そんなに稼ぎが良い訳でもない。

 

 さすがに嫌気が差して

 今日はほとんど無理やり休みを取った。

 

 昨日は夜まで仕事を入れて

 食料を買い込んで

 今日は1日何処へも行かないぞ。

 

 のんびり過ごすんだ!✊✊✊

 

 と 思ったら。

 

 昨日の夜からチビチビが居なくなった。

 あれ?

 夕方一度仕事から帰った時はいた。

 だけど

 夜 仕事から帰った時はいなかった。

 それから姿が見えず。

 

 何処へ行ったのだろう。

 

 のんびり過ごす1日は

 チビチビの心配で終わってしまった😞😞😞

 あーあ。

 

 今だにチビチビは帰らず。

 何かあったのかと心配になる。

 

  そんなに心配なら外へ出すな。

 

 友人にしかられ

 また気持ちが落ち込む。😖😖😖

 

 そうなんだけどさ

 野良あがりの子は

 なかなか室内飼いが難しい。

 

 家もそんなに広くないから

 外を知っている子はストレスが溜まる。

 

 言い訳しても仕方がないか。

 

 なんだかつまらん休日になってしまった。

 

 

 最近

 身の回りのいろいろな事が変わっている。

 

 春だからね。

 転勤 進学 就職いろいろ環境が変わる。

 

 いつも当たり前の様に顔を合わせていたひとが

 いきなり姿が見えなくなる。

 

 変化に弱い私

 すごく不安になる。

 

 それでなくても

 コロナウィルスの騒ぎで不安があちこちに

 落ちている。

 

 あぁ いやだ😩😩😩

 

 かえって疲れてしまった😧😧😧

 

 なんだよぉ。 😞😞😞

 

 

一週間は早い。

こんばんわ。hanakoです。

 

 
f:id:hanakosaan:20200321203633j:image

 

 雨の中に咲いている白梅。

 桜が主役になってしまった今

 なぜかひっそりと咲いていた。

 

 間の悪さ 空気読めない感が

 私みたいだと思った。

 でも きれいだよ。😳😳😳

 

  

 1週間は早い。

 

 相変わらず

 毎朝ドラッグストアの前には長蛇の列ができ

 入荷の無いマスクに苛立ちを表す。

 

 

 モチくんが風邪を引き

 一瞬にして一日の稼ぎが無くなった😥😥😥

 

 ネギ苗争奪戦が始まり

 今年もひとの嫌な部分を見せつけられている。

 

 

 相変わらずの毎日。

 去年の今日と変わらない日々。

 

 だけど今は

 

 私は自分の足で立っている。

 毎日をしっかりと。

 

 地球を踏みしめている。

 

 誰の為でもない

 誰のせいにもしない。

 

 私は私の為に生きている。

 

 一生懸命考えて

 自分で決めて自分で動く。

 当たり前の事だけど

 私にはそれが出来なかった。

 

 今 それが出来るしあわせ。

 

 自分を相棒に

 毎日を生きてゆこう。

 

 そんな事を噛み締めた一週間でした。

 

 今週もお疲れ様でした。

 

 

 おやすみなさい。

 

 

 
f:id:hanakosaan:20200321211117j:image

 最近太りすぎて

 お腹の毛づくろいが出来ないらしい。

 

 このあと転がりました。😂😂😂

 

ぬるま湯のカエルは目を覚ます。

こんばんわ。hanakoです。

 

 13日の金曜日

 今日はホワイトデー。

 

 ダウは暴落

 日経も暴落。

 スマホはロイターの速報が流れ続ける。

 

 そんな落ち着かない1週間が

 あっという間に終わろうとしています。

 

 今日は雨。

 お昼くらいから雪が混じった。

 

 昨日までめちゃくちゃ暖かったのに。

 東京では桜の開花宣言がなされた。

 

 雪混じりなのに😅😅😅

 

 新記録の開花日。

 今年は暖かったからなぁ。

 

 なのに雪混じり😅😅😅

 

 お天気までがジェットコースターのように

 変わってゆく。

 

 三寒四温

 ちょっと差がありすぎだよ。

 

 コロナウィルス感染者は後を立たない。

 まだ終息には向かっていないのかな。

 

 ハウスの中で

 コロコロと変わる情勢を

 不安な気持ちで見ていた。

 

 

 でも悪く考えるばかりじゃない。

 色々な事を見直すいい機会が訪れたように

 私は思えて仕方がない。

 

 不謹慎な言い方だけど

 こんな事でもなければ変えられなかった。

 

 自分の甘い部分やいい加減な部分を

 嫌でも思い知らされた。

 

 そして改善する機会になった。

 

 先週の私より

 今週の私は物事を良く考えるひとになった。

 

 そして来週はさらに

 強く生きて行けるひとになろう。

 

 今週もお疲れ様でした。

 

 ブログに遊びに来ていただいて

 ありがとうございました。

 

 

 おやすみなさい。

 

 
f:id:hanakosaan:20200315051506j:image

 

 寒くて 雨で

 暇だったみたいです。

 

 

乗り切れるよ。

こんばんわ。hanakoです。

 

 春の高校野球が中止になった。

 泣いている出場校の選手達が可哀想だった。

 

 明日は地元の中学校が卒業式だ。

 

 出席は卒業生と各担任と校長。

 一人の生徒に父兄2人まで来賓は無し。

 卒業証書授与は代表だけ。

 歌はなし。

 送辞 答辞もない。

 

 とにかく急いで。

 集まる時間を少なく。

 

 一生に一度の事なのになぁ。

 卒業式出来るだけマシ?

 そんな言葉も聞こえてくる。

 

 トイレットペーパーはスーパーに並ぶようになったけれど

 マスクは相変わらずまったく入荷がない。

  

 国がマスクを買い取り出してから

 尚更ちまたにマスクが無くなった気がする。

 増産したなんて信じられない位品薄だ。

 

 なんだか落ち着かない

 暗い気持ち。

 

 今日気がついた。

 3.11の時と同じ気持ちだ。

 

 考えもしなかった大きな地震

 目に見える光景は一瞬にして変わってしまった。

 

 生産ハウスの中にいた私は

 仕事を切り上げて家に戻った。

 

 私の車の音を聞いて

 猫達が車の所へ集まった。

 みんな無事だったね。

 

 あの時1番困ったのは

 猫達のご飯だった。

 

 仕事の帰りにキャットフードを買って帰ろうと思っていたので

 家にあるキャットフードは残り少なかった。

 

 私はとにかくあちこちに回って

 キャットフードを探した。

 

 キャットフードに慣れてしまった猫達は

 キャットフードしか食べない。

 

 状況が飲み込める訳がない猫達は

 キャットフードが無いから白いご飯に

 鰹節とは行かないのだ。

 

 私は焦った。

 

 いつものスーパーも閉店していた。

 ディスカウントスーパーも。

 

 どうしよう。

 

 自転車で街の中を走り回っていると 

 1件だけコンビニが開いていた。

 1度閉店して安全を確認してから

 再び開けてくれたお店だった。

 

 飛び込むと

 まだ店が開いている事に気がついているひとが少ないらしく

 店内はガラガラだった。

 

 急いで棚にあったキャットフードをカゴに入れた。

 それと後で宝になった電池とロウソクと

 食料品。

 

 私がカゴに入れ終えた時

 雪崩のように人が店内に入ってきた。

 

 人混みに押されながらレジに行くと

 電卓で計算しながら店員さんが

 

  猫缶なら奥にまだありますよ

  出してきますか?

 

 そう聞いてくれた。

 なんて ありがたい言葉。

 

 お願いすると

 猫缶をたくさん私のカゴに入れてくれた。

 

 その猫缶と

 次の日 融通を利かせてドライフードを売ってくれたスーパーの店長さんのおかげで

 私は猫達のご飯を心配する事がなかった。

 

 食料品を加工している工場に勤めている

 友人が

 わざわざ私の分まで未出荷になった惣菜を

 たくさん持ってきてくれた。

 

 あの時

 

 たくさんのひとに助けてもらった。

 今でもその時の事を思い出す。

 

  

  えっ! 見つかった?

 

 スーパーの店頭の食料を買う列の後ろから

 聞こえてきた携帯の声。

 

 津波に呑まれた姉弟の安否だった。

 泣きながら列に並んでいた女性。

 

 今だに見つからない

 友人の父親の親友。

 

 釣りが大好きで

 あの日も海釣りに出かけていた。

 

 防波堤に残された釣り道具。

 日焼けした人懐っこい笑顔。

 

 もう随分月日は経ったけれど

 昨日の事のように憶えている。

 

 あの時も 買えない物があって

 停電して 仕事が出来なくなって

 先が見えない不安でいっぱいだった。

 

 

 自分に言い聞かせる。

 

 まだ 今は大丈夫。

 あの時と同じにしちゃいけない。

 

 あれからキャットフードはいつも充分な在庫を切らさないようにしている。

 

 さすがにマスクは考えなかったけれど

 手作りする事で不足しているストレスは

 感じていない。

 

 あの時思わぬ助けを受けたありがたさ。

 

 だから今度は私が助けられるように 

 分けられる物は友人達に分けたり

 尋ねられれば

 お客様にマスクの作り方を詳しく教えたり

 している。 

 

 

 まだ 大丈夫だよ

 冷静に今考えよう。

 

 自分は何が出来るのか

 何をすべきなのか。

 

 3.11を乗り切ったように

 今回も乗り切れる。

 

 助けたり助けられたり。

 

 そう私は思っている。

 

 

 3.11 東日本大震災

 そしてコロナウィルスで亡くなった方の

 ご冥福をお祈りいたします。

 

 
f:id:hanakosaan:20200311210120j:image

 

  頑張ろうぜ。