hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

なんとかしてくれ!。

こんばんわ。hanakoです。

 

 野菜苗の植え付けの季節が近づき

 花屋さんも毎日お客様で賑やかです。

  

 お店は最悪の人手不足。

 孫を幼稚園に預けるために

 花屋さんの就業証明だけをもらって 

 仕事に来ない花屋さんの親戚。

 

 週に1日3時間しか来ない

 社長の友人。

 

 どちらも社長夫婦は戦力になると思って

 いたので他に求人を出さなかった。

 

 ふざけんじゃないよ!💢💢💢

    こっちは戦場の前線にひとりで投げ込まれ

 たんだぞ!

 

 くたばっちまえ!

 

 なんて( ̄^ ̄)

 あてになんて最初からしてませんよ。

 ひとりで戦い抜いてやる。

 

 1日100人近い来客を

 ひとりでさばいております。

 

 出来るんですよ

 前準備をしっかりすれば。

 

 

 お客様は相変わらず

 おじいちゃん おばあちゃんが大半です。

 最近は慣れたもの

 天ボケにも老ボケにも対応可。

 

 みなさん見事なボケッぷり😅😅😅

 

    ひとつ気になるのが

 そのボケ状態で車を運転して来る事。

 

 大丈夫なのかなぁ。

 そう心配になってしまうひとがかなりいる。

 

 最近ニュースで

 高齢者の交通事故がいくつか報道されている

 

 私も高齢者の逆走に遭遇して

 正面衝突を危機一髪回避という経験をした事がある

 

 高齢者の免許返納。

 問題にもなっている。

 

 ひとりひとりの置かれている事情で

 なかなか返納が決心できないひともいるみたいだ。

 

 私が花屋さんで見た例は

 

 コミュニティバスの本数の少なさ。

 バス停から花屋さんまで歩かなくてはならない。

 デマンドタクシーを頼むと相乗りで

 花屋さんの前では降ろしてもらえず

 近くのスーパーから歩いて花屋さんに来る。

 買い物を済ませてまた歩いてスーパーまで

 迎えに来てもらう。

 その間 

 2時間時間を潰さなくてはならないそうだ。

 

 しかも歩かなくてはならないので

 目的の苗が重くてあまり買えないのだ。

 

 

 休日に子供や孫に車に乗せてもらって

 来店する方もいる。

 

 面倒くさそうに車から降りても来ない。 

 沢山の荷物を高齢者がひとりで運ぶ。

 見かねて私が車で運ぶと

 運転席でスマホをいじり

 トランクを開けもしない。

 

  早くしろよ!

 

 ひどいと車から怒鳴るやつもいる。

 

  やっと頼み込んで来てもらって

  ガソリン代と小遣いやって

  高くつくなんてもんじゃない。

 

 よくレジで聞く言葉だ。

 

 この間は

 花屋さんで買い物をしている間に

 用事を済ませに行くと言って

 店先で2時間も老夫婦を待たせた人がいた。

 

  だから免許返したくなかったんだよ💢

        自分で運転してくれば30分もかからない。

 

 おじいちゃんがキレて奥さんを怒鳴った。

 

 高齢者が長い時間店先に立っているのは

 まず無理だ。

 奥さんが30分位で座り込んでしまった。

 私は事務所で座って待ってもらう事にした。

 

 おじいちゃんのすまなそうな

 情けないような顔。

 プライドの高い男性には辛いだろう。

 

 わずかな買い物の時間くらい駐車場で

 待ってあげればいいのに。

 それから自分の用事を済ませる事は

 出来ないのかな?

 

 免許返納をすると受けられるサービス。

 故意なのかあまり高齢者には知らされていない。

 自分で調べなさいと言ったって

 すべてのひとがインターネットに明るい

 訳ではないのだ。

 

 尋ねないから教えない。

 そんな行政のあり方も良くないと思う。

 

 

 私も運転は好きだ。

 何時間でも車を運転していたいほうだ。

 

 そんな自分が歳を取って

 免許証を返納する時はやはり辛いだろう。

 その時を決めるのに躊躇すると思う。

 

 悲しいかな

 すべてのひとが運転手付きの車を老後に

 手に入れる経済力を持てる訳ではないし

 快く乗せていってくれる

 身内を育てられるとも思えない。

 

 自動運転や

 自動制御装置など

 高齢者の為に量販車の装備を充実させる事を

 自動車業界が行う事も大切だと思う。

 

 ゴーンさんにではなく

 ここに高額のお金をつぎ込んで下さい。

 

 

 そして高齢者がいる家族の問題。

 

 これはまだ今のように

 高齢者に運転適正検査を義務化していない

 時の話だけれど

 

 私の知っている例でこんな話があった。

 

 いつも一緒にいるお嫁さんが

 お義母さんのボケに気がついた。

 

 まだらボケって知っていますか?

 ボケの初期にボケたり正気に戻ったりする事

 

 正気の時は当たり前だけれど

 まともなのです。

 

 特にお客さんとか離れてくらす身内とか

 そういう人の前では正気に戻る。

 

 お嫁さんが旦那さんや身内にお義母さんの

 異常を話すと

 

  自分の姑をボケ扱いするのか

 

 正気な母親しか知らない身内はお嫁さんを非難した

 そんな事言って老人ホームへ入れてしまう

 気だろうと怒りをぶつけた。

 

 そしてお嫁さんが隠していた

 お義母さんの車の鍵をお義母さんに渡して

 しまった。

 

 当然

 お嫁さんが相談した病院での検査も

 受けさせようとはしなかった。

 

 

 それから何かあると

 嫁が自分に意地悪すると身内に泣きつくようになったお義母さん。

 近所でも悪嫁になってしまったお嫁さん。

 そして息子である旦那さんとも上手く行かなくなってしまい

 お嫁さんは旦那さんから離婚をいい渡された。

 仲の良い夫婦だったのに。

 

 その矢先

 お義母さんは商店に突っ込む大事故を起こしてしまった。

 

 自分の親の変化を認めたくない気持ち

 そして家族が老化に対する正しい知識がなかった事から起きた出来事だった。

 

 

 じゃあどうすればいいの?

 

 もちろん本人の責任も大きいと思う。

 家族の責任もある。

 

 車に装備を付けるにもお金がかかる。

 その負担を誰が負うのか。

 

 

 税金を使ってください。

 

 国民の安全の問題です。

 個人の交通事故という話だけではない。

 

 高齢者が安心して免許証を返納できる

 納得の行く保証を作ってください。

 

 自分の生活が危ぶまれるから

 返せないひともいるのです。

 

 そして老化に対する知識を

 本人も家族もきちんと向き合える機会を

 作るべきだと思う。

 

 個人差はあるけれど

 みんな老化して行くのだから。

 

 車は凶器です。

 適正に運転できないひとが動かすべきではない。

 

 それくらいやれよ!💢💢💢

    必死に税金払ってるんだから!

 

 なんて 底辺の人間が吠えたって

 何も変わらない。

 だから私は頑張るのだ( ̄^ ̄)

 

 

 高齢者が

 人生の優秀の美を飾れるように。

 

 そして

 未来ある者が犠牲にならないように。

 

 どうか

 事故が減りますように。

 

お金。

こんばんわ。hanakoです。

 

 突然ですが

みなさんはお金にどんなイメージを持っていますか?

 

 政治と宗教とお金の話。

 話題にすると嫌われる3大テーマ

 などと言われている。

 

 清貧。

 そんな言葉がある位

 特に日本人は清く貧しく美しくが美徳。

 

 キリスト教の信者の母親に育てられた私。 

 お金は汚い物

 罪を生む物。

 そんなイメージを刷り込まれた。

 

 お金を欲しがる事

 多くを持つ事は由々しき罪なのだと

 私は自分でも気がつかないうちに思い込んでいた。

 

 

 でも

 それってお金が悪いのでしょうか?

 

 お金持ちになったらあの人

 ひとが変わったね。

 確かに私の親戚にもいた。

 お金が絡んで揉め事になった身内も見た。

 

 でも

 それってお金が悪い訳じゃない。

 お金を手にしたひとが間違っていた。

 

 

 気がついた。

 

 私はどこかで自分にブレーキをかけていた。

 

 お金を持つ事は間違いの始まり。

 多くを持ってはいけない。

 

 だから上を目指すなと。

 

 

 違うよ。

 

 

 お金は親切だ。

 私をしあわせに導いてくれる。

 様々な可能性を与えてくれる。

 

 そして

 私の回りの人々にもしあわせをもたらす。

 お金が悪いんじゃない

 悪い考えを持つようなひととは

 付き合うべきではないのだ。

 

 

 そうやっと思えるようになった。

 

 

 そんなの当たり前?

 歪んでいた私にはそれすら思えなかった。

 

 でも 今は違うよ。

 

 お金はしあわせの素

 

 さぁ 稼ぐぞ!

 

日曜日よりの使者。

こんにちは。hanakoです。

 

 今日は花屋さんをお休みにしました。

 さすがに体が痛い。

 

 こういう時は腰を痛めたり

 怪我をしたりする。

 

 アスリートの体の違和感というやつなのか。

 

 
f:id:hanakosaan:20190422161614j:image

 

 スマホのカメラの調子も悪く

 ちょっとボケボケの写真ですが。

 

 昨日の夜中

 いきなり我が家にやってきた。

 

 猫たちが玄関にしている部屋から

 聞きなれない猫の鳴き声がする。

 

 行ってみると

 知らない猫がいた。

 

 私の顔を見ると

 必死に喋り出した。

 

   にゃ~ にゃー。

 

 何かを私に訴えている。

 

 薄汚れている。

 たぶん何日か外を歩き回ったのだろう。

 でも 野良さんの目じゃないな。

 

 テラスでご飯をあげると

 ものすごい勢いで食べた。

 

 テラスを閉めてしばらくすると姿が見えなくなった

 どこかの迷い猫かな。

 

 

 と 今朝目を覚ますと。

 

 私の蒲団で寝ていた😅😅😅😅

 

    誰 こいつ???

 

 それからずっと蒲団の上で寝ている。

 初めての家でこの姿😅😅😅

 

    図太いやつ。

 

 

 どこから来たのだろう。

 

 そんなに若くない。

 徘徊して家がわからなくなったか。

 見慣れない猫だな。

 

 猫が歳を取って捨てられる。

 飼い主が歳を取って捨てられる。

 最近多いパターンだ。

 

 なぜそう思うのか。

 現れかたがボクそっくりだったからだ。

 

 そしてメチャクチャのんびりしてる。

 年配者とかかわっていると

 そんなタイプの猫が多い。

 

 外を走る自転車やバイクの音に怯えている

 乗せられて連れてこられたのか

 ひかれそうになったのか。

 

 私の横でしあわせそうに寝ている。

 安堵の顔。

 

 何があったのかな。

 

 プチ家出ならばいいのだけれど。

 

 

 不思議とマサくんが怒らない。

 猫が同情を知っている訳はないと思うけれど

 何か察するものはあるのかな。

 

 

 とりあえず帰ってくれる事を願いつつ

 1宿1飯はご提供いたしましょう。

 

 

 猫は責任もって飼いましょう。

 命なんですよ。

 

 懲役刑なんだぞ💢💢💢

 

 なんて呑気なこと言ってられないよ

 定員オーバーです😰😰😰

 

 

老い。

こんばんわ。hanakoです。

 

 雷が鳴って

 雨になりました。

 

 こんな春先に雷が鳴るんだ。

 マサくんは私の側を離れず。

 モチくんは雨の中をわざわざ出かけて

 ビッショリになって帰ってくる。

 

 体を拭いてあげると 

 うれしそうに喉を鳴らす。

 究極のかまってちゃんだ。

 

 

 今日は夕方から寄せ植え会だった。

 おばさま30人の話を聞かない会😰😰😰

 

 とにかく 何でもいいのだ。

 いくら説明しても聞いていない。

 

 ひどいひとになると

 いくら言っても鉢に植えない。

 なんでだろうと思ってみていたら

 なんと花苗だけが欲しいのだ。

 寄せ植え会で用意される花苗は

 花屋さんで買うより安くなるから。

 家に帰って花壇に植えるのだと

 隣のひとにでっかい声で話している💢💢💢

 

    真面目に植えもせず 

 あげくのはてには

 

  この花気に入らないから植えない

 

 だとさ💢💢💢

 

    なんだかわからず寄せ植え会終わり。

 

 せっかくいろいろ

 植え方のテクニックを解りやすく考えて

 行ったのに。

 

 なんだか 疲れてしまった。

 

 

 歳を取る。

 

 私が想像するよりもいろいろな事が

 出来なくなったり

 無気力になったりするものなのだろうか。

 

  若いあなたにはわからないわよ。

  年取ると何にもしたくなくなるの。

 

 そうなのだろうか。

 本当に老いとは無になってしまうもの

 なのだろうか。

 

 新しい事を学ぶ。

 

 それは老いには出来ない事なのだろうか。

 

 肉体は老いても

 精神は成長させて行く事は出来ないのかな?

 

 

 

 ひとりでいろいろ考えてみる。

 

 雨 やんだみたいだな。

 

 昨日より確実に老いた今日の私。

 

 明日の私は

 どう老いて行けばいいのだろう。

 

 ??? 

敬意。

こんばんわ。hanakoです。

 

 寝坊した。

 花屋さんの奥さんの電話で起こされる😅😅😅

 

    やっちまったぁ。💦💦💦

 

 遊びに行き過ぎてたるんでる。

 あかん。

 気を引きしめないと。

 

 そう 決めたばかりなのに。

 

 

     日曜日

 テニス仲間が大金星をあげた。

 

 中学からテニス一筋。

 社会人になってもテニス中心の生活。

 

 お世辞にも上手くなくて

 運の悪さも手伝っていつも試合は負けばかり。

 

 でも 腐らず

 ひたすら練習に励んでいた。

 

 自分より後輩が大きな大会に出る事になっても

 進んで自分からサポートを申し出た。

 

 誘われれば

 違うクラブの練習にも参加するため

 どこまでも出かけた。

 

 ラケットバッグが通勤鞄。

 仕事が終わるとコートに直行。

 

 誰よりも最初に来て

 誰よりも遅くまで練習していた。

 

  あいつを勝たしてやりたい。

 

 いつか

 そんな人たちが増えていった。

 

 みんなが惜しみ無く

 自分の技術を教えてくれるようになった。

 

 彼は素直にそれを吸収し

 少しずつ実力をつけ出した。

 

 

 日曜日

 彼が優勝候補をマッチポイントまで追い込んだ時

 コートのまわりには沢山のひとがいた。

 クラブの違うひとたちまで

 彼の勝利を祈った。

 

 勝利を決めた時

 大歓声があがったそうだ。

 自分の事のように

 涙を流して喜んでくれた人もいたそうだ。

 

 みんなが彼の苦労を知っていた。

 プロになれない悔しさ

 でもテニスが大好きな気持ち。

 

 続けて行く大変さ。

 そのひたむきな情熱を。

 

 

 そんな彼に今日。

 大きな大会の招待状が届いた。

 

 夢にまで見た大舞台だ。

 

 お祝いのLINEを送ると

 

  夢かなぁ。

 

 ほわっとした返事がやってきた。

 

 

 そんな彼に敬意を表します。

 

 おめでとう。

 

 私もあなたのように生きて行きたい。

 おごらず 腐らず

 

 諦めず。

 

頑張れ。

こんばんわ。hanakoです。

 

 右足のかかとが痛い。

 昨日履いていたブーツが合わなかったかな。

 

 サーキットは思わぬほどよく歩く。

 

 スタートを見て

 急いで走って次のポイントへ。

 そして車で丘に登って

 

 またチェッカーを受ける所を見に

 階段を登る。

 

 そんな事の繰り返し。

 

 広いサーキットは

 動かないと決定的瞬間が見られない。

 スクリーンもあるけれど

 やっぱりリアルに観たい。

 

 仕事で店の中をいくら歩いても

 足が痛くなることなんて無いのに😅😅😅

 

   その2日前は駅の階段をひたすら上った。

 

 遊びすぎです😔😔😔

 

 しばらくはこれでお出掛けは終わり。

 ここ1ヶ月は仕事に集中します。

 

 クウさんにご飯をあげて

 1日空けて散らかっている店を片付けていると

 元同僚がやって来た。

 

 LINEで来ることはわかっていたけれど

 めずらしいな。

 

 休憩時間に

 牛丼屋さんに二人で行った。

 

 1か月前から切り花の会社に就職した彼女。

 

 花束を地元のドラッグストアーや

 スーパーに配達する仕事。

 

 いろいろと大変らしい。

 

 いや 聞いていると

 それが当たり前のような気もする。

 

  花屋さんで仕事した時が楽しかった。

 

 それが今日来た理由だね。

 花屋さんに戻れるかと思って来てみた。

 

 

 客商売には向いていないタイプ。

 お客様からクレームがかなりあった。

 

 彼女の植物の知識と

 栽培技術は評価する。

 

 だから彼女と仕事をしようと思った。

 

 だけど

 花屋さんにはもう戻れない。

 

 彼女が変わらない限り。

 それは無理だろう。

 

 癖の強い子。

 新しい仕事場に馴染めないのだろう。

 

 いや

 管理される事が苦痛なのだ。

 花屋さんではかなり勝手にやっていたから。

 

 まわりがそれを補った。

 それに気づいていないのだ。

 

 

 私は気づかないふりをして

 他愛のない話をして別れた。

 

 

 頑張りな。

 もう あの時には戻れない。

 

 頑張るしかないんだよ。

 

 自分の足で歩くんだ。

 もう 助けてくれるひとはいない。

 歩くしか ないんだよ。

 

 頑張れ。

 

 

 それは

 自分に言い聞かせる言葉でもあった。

 

 歩け

 自分の足で。

 

 頑張れ hanako。

目が覚めました。

おはようございます。hanakoです。

 

 外から聞こえる

 賑やかな声で目が覚めました。

 

 ???

 いつもは静かな住宅街。

 なんだろう。

 

  いってらっしゃーい!

 

 ???

 そっかぁ

 小学生が登校する時間なんだ。

 

 1年生がはじめてむかえた月曜日。

 今日から上級生と一緒に登校するんだな。

 

 昨夜からの雨もやんでよかったね。

 

 それにしてもお母さん達の声がすごい。

 

  大丈夫

  みんなと行けば。

 

  忘れ物ない?

  まだ 来てない子がいるの?

 

 ガヤガヤ お母さん達の声しか聞こえない😅

 

     新しい生活が始まるんだね。

 親離れ第一段かな。

 

 不安もいっぱいだけど

 楽しいこともあるよ きっと。

 

 頑張れ。

 

 

 急に静かになった。

 行っちゃったんだな。

 

  大丈夫かしら。

 

 お母さんの声が聞こえる。

 

  ギャハハハ

 

 高校生の声だ😅😅😅

 

    大丈夫

 かわいい我が子もすぐに

 こんなクソガキになっちゃうから😅😅😅

 

 

    さて 私も起きよう。

 

 昨日はレースを見て1日を過ごしました。

 耐久レース。

 丘の上に陣取って

 最後の桜を見ながら。

 私が住む街より少し遅い桜。

 今年は2回見られて得した気分。

 

 久しぶりにまったりとすごしました。

 

 

 また今日から忙しい毎日がはじまる。

 頑張らないとね。

 

 

 みなさんも

 よい1週間を。

 

 頑張ってください。

 

 

  では また✋

 

     いってらっしゃーい!