読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanakosaanのブログ

猫と暮らす日々を気ままに書いてます。

同窓会。

こんばんわ。hanakoです。

 

 今日も忙しい1日でした。

 

 仕事の帰りにいつものスーパーへ。

 「hanako。」誰かが私を呼んでいる。

 振り向くと友くんがおいでおいでをしている。

 

 友くんは高校の同級生。

 「同窓会なんで来なかったの?」

 そういえば昨日は同窓会だった💦💦💦

      いや、あの、その。😅😅😅

      「来ると思ってたのにさ。

  また! 俺の頭見て話すなよ!」

 

 😅😅😅💦💦💦💦💦💦💦💦😅😅😅 

 

      高校時代、友くんはモテた。

 髪型をバッチリ決めて細身のスタイルがカッコよかった。

 その友くんのハートを射止めたのが目立たない同じクラスの女の子。

 その当時、友くんにあこがれていた女の子達の羨望の的になり大変だったのが私の友人。

 

 卒業後、彼らは結婚した。

 それからも時々スーパーで彼らと会う事があり高校時代は話をすることもなかった友くんと友人繋がりでこうして今は親しくしている。

 バッチリ決めていた髪の毛が早くも決まらなくなってきた最近、どうしても頭に目が行ってしまい、いつも怒られる。すまん友くん😅😅😅

 

 「ほら、これ、その時の写メ。」

 そこには、懐かしい顔が沢山笑っていた。

 

 悩みがいっぱいだった高校時代。

 楽しい事もあったけれど、思い出したくない思い出が沢山ある。私の暗黒時代だった。

 

 同窓会に行かなかったのは、そんな時代を懐かしむ気持ちになれなかったから。

 

 

 今、あの頃の自分にさよならして、新しい人生を歩み始めた私。

 後ろを振り返る事は今はまだ出来ないな。

 

 「けっこう盛り上がってさ、また5年後にやろうって事になったから、その時は来いよ。」

 

 そうだね。5年あれば、もっと私は変われるかもしれない。

 その時は、高校時代を懐かしく思えるだろう

 楽しみにしているよ。

   

 「おまえ、太るなよな。」

 友くんが悪戯っぽく笑った。

 

 

 大きなお世話です💢

    友くんこそ、それ以上バックしないようにね